阿部 ひろあき さん (自然公園指導員、岩手山地区パークボランティア)

 岩手の山々をこよなく愛し、永年にわたり山仲間たちと岩手山9合目避難小屋の清掃管理や周辺の植生保護、登山者指導などのボランティア活動を続けている。

 また、岩手県自然保護課ホームページの「岩手の山だより」創設に関わり、県内主要山岳について数多くの山紀行を寄せている。
盛岡市在住

ご挨拶

岩手にも、山をこよなく愛し、厳しい修練を続けながら海外の名峰に挑む人たちが少なくありません。ふるさとの山々には、それぞれに存在感溢れる「山の主」的な熱血漢がおられます。

そんな中で、筆者のような単なる「山好き人間」が、『旅の達人』欄で岩手の山々を紹介するのは身の程知らずもいいところ、腰が引ける思いです。

 しかしながら、この普通の「山好き人間」の視点や体験こそが、一般の方々にとって必要な情報を多く含んでいるのかもしれません。県内はもちろん、全国から岩手の山々をお訪ね下さる方々に少しでもお役に立てれば幸いです。

阿部ひろあき

岩手の山 《総括版/主な山々》

岩手山春景 小岩井農場

ふるさと岩手の山に魅せられ、通い続けて三十年余。
啄木や賢治がこよなく愛した「ふるさとの山」は、今も私達の心をとらえて離さない。

広大な面積を擁する岩手県。その県土の約8割は森林で、ほぼ中央東側を南北に古い地層の北上山地が連なり、秋田県境には那須火山帯に属する奥羽山脈が延びる。それ故に、変化に富む個性的な山々が多い。これを簡単に紹介するのは難しい。

今回は総括的にご紹介しましょう。
まず、登山対象としての山は、どれくらいあるのでしょうか?
地元山岳関係者たちの一般向け著作には、『岩手の山やま』(13座収録)、『岩手の20名山』や、『岩手県の山』(60座収録)、『山日和』(43座収録)など多数あります。
また、筆者も関わる岩手県自然保護課ホームページの『岩手の山だより』には、現在、里山も含め48の山を収録しております。

これらのうち、深田久弥の『日本百名山』には八幡平、岩手山、早池峰山の三つの山域、田中澄江の『花の百名山』には八幡平、早池峰山、栗駒山、五葉山が取り上げられています。秋田駒ケ岳や焼石岳も全国に知られる名山と言えるでしょう。

このほか、県内一の奥深い山とされる和賀岳、伝説の山・姫神山、遠野物語の六角牛山なども話題性のある山として挙げなければなりません。

以下は、これらの一部についての寸評と写真です。

ふるさとの山に向ひて 言ふことなし ふるさとの山はありがたきかな 啄木風さむき岩手のやまにわれらいま 校歌をうたふ先生もうたふ 賢治

今までの特集

いわてユニバーサルデザイン〜バリアフリー対応施設等のご案内〜

春

夏

秋

冬

今までの特集