祝 ユネスコ世界文化遺産登録 さぁ、世界遺産を見に行こう!
釜石 橋野鉄鉱山の旅 橋野高炉跡及び関連遺跡

釜石 橋野鉄鉱山(橋野高炉跡及び関連遺跡)を含む「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」』は、2015年7月5日、ドイツのボンで開催された第39回世界遺産委員会で世界遺産に登録されました。
釜石には、近代製鉄の父・大島高任の指導により築造された現存する日本最古の洋式高炉跡「橋野高炉跡」をはじめとする初期の近代製鉄業の遺構が多数所在しており、時代を動かした先人の熱い思いが息づいています。
日本の近代化を支えた「鉄のまち・釜石」の歴史と、大いなる魅力を体感する旅へ、さあ出かけてみましょう!

※橋野鉄鉱山は、鉄鉱石の採掘場跡、運搬路跡および高炉場跡により構成される、鉄鉱山および製鉄所の総称です。

橋野高炉模型(鉄の歴史館蔵)

※掲載の内容は、2015年7月27日のものです。

今までの特集

いわてユニバーサルデザイン〜バリアフリー対応施設等のご案内〜

春

夏

秋

冬

今までの特集

観光情報をさがす

カテゴリでさがす

エリアでさがす

キーワードでさがす