観光スポット

宮沢賢治歌碑(浄土ヶ浜)ミヤザワケンジカヒ ジョウドガハマ

マイページ会員に新規会員登録するとスポットをお気に入りに追加できます。マイページ詳細はこちら

 大正6年7月、花巻町東海岸視察団に加わり、三陸汽船で来宮、浄土ヶ浜を訪れ、「うるはしの海のビロード昆布らは寂光のはまに敷かれひかりぬ」と詠んだ。平成8年10月賢治生誕百年を記念し、浄土ヶ浜レストハウス前に建立。

基本情報

連絡先名 (一社)宮古観光文化交流協会
所在地 〒027-0000 岩手県宮古市浄土ヶ浜
電話番号 0193-62-3534
FAX番号 0193-62-7030
ホームページ あり(ホームページを見る

関連カテゴリ: 人 歴史文化

  • 宮沢賢治歌碑(浄土ヶ浜)

アクセス&マップ

ルート1: 盛岡駅 → 【在来線120分】 宮古駅 → 【バス15分】 奥浄土ヶ浜バス停 → 【徒歩1分】 宮沢賢治歌碑(浄土ヶ浜)

ルート2: 盛岡南IC → 【車130分】 宮沢賢治歌碑(浄土ヶ浜)

QRコード対応の携帯電話で読み取ると、このページをモバイルで表示できます。

A4用紙1枚に印刷

このスポットの情報を持ち歩きに便利なA4用紙1枚に集約して印刷できます。

ゆかりの人


宮沢賢治

宮沢賢治

稗貫郡川口村(現・花巻市)出身。文学・教育・農業・地質学・宗教など、数々の分野で才能を発揮した。盛岡高等農林学校(現・岩手大学農学部)に首席で入学し地質調査研究を行ない、卒業後は農学校や羅須地人会で農民の教育・指導にあたった。文学面では心象スケッチ(詩集)「春と修羅」、童話集「注文の多い料理店」などを刊行。日蓮宗の熱心な信者でもあり、作品にもその宗教的な思想が見られる。郷土岩手をこよなく愛し、理想郷と位置づけ『イーハトーブ』と呼んだ。県内あちこちに足を運んでいたため、歌碑や詩碑などが点在している。昭和8年、急性肺炎でこの世を去った。命日の9月21日に賢治祭が開かれている。

ゆかりの地・関連スポット

みんなのクチコミ★マイページ会員に新規会員登録するとスポットにクチコミを投稿することができます。マイページ新規会員登録はこちら


今までの特集

いわてユニバーサルデザイン〜バリアフリー対応施設等のご案内〜

春

夏

秋

冬

今までの特集

観光情報をさがす

カテゴリでさがす

エリアでさがす

キーワードでさがす