観光スポット

青柳倉記碑アオヤギクラキヒ

マイページ会員に新規会員登録するとスポットをお気に入りに追加できます。マイページ詳細はこちら

 青柳文蔵が飢饉凶作のため、飢えと病に苦しむ東磐井郡内の人々を救うため、天保二年(1931)郷里松川の中里の地に籾倉建て、その前に倉の由来を書いて建てた碑である。この倉のお陰で打ち続く天保の飢饉に際し、救援の手が郡内一帯に及び、他で見られるような路傍での斃死はなかったという。文蔵はこのように救荒の大恩人であるばかりでなく、仙台には世のため人のためを考え、青柳文庫を創設した。
我が国公共図書館の始祖と仰がれる人である。

基本情報

連絡先名 一関市東山支所 教育文化課
所在地 〒029-0303 一関市東山町松川字中通42 松川小学校地内
電話番号 0191-47-2111
FAX番号 0191-47-2118

関連カテゴリ: 歴史文化

  • 青柳倉記碑

アクセス&マップ

ルート1: 一ノ関駅 → 【在来線30分】 岩ノ下駅 → 【バス5分】 夏山松川線橋本停留所 → 【徒歩3分】 青柳倉記碑

ルート2: 一関IC → 【車35分】 青柳倉記碑

QRコード対応の携帯電話で読み取ると、このページをモバイルで表示できます。

A4用紙1枚に印刷

このスポットの情報を持ち歩きに便利なA4用紙1枚に集約して印刷できます。

みんなのクチコミ★マイページ会員に新規会員登録するとスポットにクチコミを投稿することができます。マイページ新規会員登録はこちら


今までの特集

いわてユニバーサルデザイン〜バリアフリー対応施設等のご案内〜

春

夏

秋

冬

今までの特集

観光情報をさがす

カテゴリでさがす

エリアでさがす

キーワードでさがす