観光スポット

水沢公園ミズサワコウエン

マイページ会員に新規会員登録するとスポットをお気に入りに追加できます。マイページ詳細はこちら

 水沢公園の造園は明治11年に放浪の画家でもあり造園家でもあった蓑虫山人と伝えられています。
 現在の水沢公園は、500本を超える桜が咲き乱れ、特に樹齢300年のヒガンザクラの古木の群生は県の天然記念物に指定されています。また園内には斎藤實の銅像があります。
 四季を通じて市民の憩いの場として親しまれています。

基本情報

連絡先名 奥州市都市計画課
所在地 〒023-0857 奥州市水沢区中上野町1-1
電話番号 0197-24-2111
FAX番号 0197-23-5240
ホームページ あり(ホームページを見る

関連カテゴリ: 人 観光施設

  • 水沢公園
  • 水沢公園

アクセス&マップ

ルート1: 水沢江刺駅 → 【バス15分】 羽田大船渡線水沢駅通り → 【徒歩10分】 水沢公園

ルート2: 水沢IC → 【車10分】 水沢公園

QRコード対応の携帯電話で読み取ると、このページをモバイルで表示できます。

A4用紙1枚に印刷

このスポットの情報を持ち歩きに便利なA4用紙1枚に集約して印刷できます。

ゆかりの人


斎藤實

斎藤實

陸奥水沢(現・奥州市水沢区)出身、文治政策で政治に臨んだ温厚な政治家。海軍入隊後、昇進して海軍大将に。明治39年から8年ほど海軍大臣を務める。大正2年、原敬に推され朝鮮総督に就任し、8年間の長期にわたり在任することになる。昭和7年の5・15事件で倒れた犬養穀の後任として第30代内閣総理大臣となり、昭和10年に内大臣(天皇の常時補佐役)に就くが、ファシズムの台頭によって翌年2・26事件の凶弾に倒れた。

ゆかりの地・関連スポット

みんなのクチコミ★マイページ会員に新規会員登録するとスポットにクチコミを投稿することができます。マイページ新規会員登録はこちら


今までの特集

いわてユニバーサルデザイン〜バリアフリー対応施設等のご案内〜

春

夏

秋

冬

今までの特集

観光情報をさがす

カテゴリでさがす

エリアでさがす

キーワードでさがす