観光スポット

五郎沼ゴロウヌマ

マイページ会員に新規会員登録するとスポットをお気に入りに追加できます。マイページ詳細はこちら

平泉・藤原氏初代清衡の孫、樋爪太郎俊衡が建立した樋爪館跡の南にある五郎沼は、春は桜、冬は白鳥が飛来し訪れる人を楽しませています。7月には駐車場隣の蓮池で、中尊寺で泰衡の首桶から見つかった種を復活させた古代蓮(中尊寺ハス)が美しい花を咲かせます。東岸には、昔、度重なる沼の堤防決壊を食い止めるために人柱にされた女性の泣き声がするという伝説のある夜泣石と呼ばれる石碑があります。

 

基本情報

連絡先名 (一社)紫波町観光交流協会
所在地 〒028-3317 紫波町南日詰字箱清水
電話番号 019-676-4477
ホームページ あり(ホームページを見る
駐車場
トイレ
見どころ・季節 【夏】ハス 7月中旬~下旬
【冬期間】白鳥が飛来

関連カテゴリ: 人 体験 自然

  • 五郎沼
  • 五郎沼

QRコード対応の携帯電話で読み取ると、このページをモバイルで表示できます。

A4用紙1枚に印刷

このスポットの情報を持ち歩きに便利なA4用紙1枚に集約して印刷できます。

みんなのクチコミ★マイページ会員に新規会員登録するとスポットにクチコミを投稿することができます。マイページ新規会員登録はこちら


今までの特集

いわてユニバーサルデザイン〜バリアフリー対応施設等のご案内〜

春

夏

秋

冬

今までの特集

観光情報をさがす

カテゴリでさがす

エリアでさがす

キーワードでさがす