観光スポット

道の駅「種山ヶ原ぽらん」ミチノエキタネヤマガハラポラン

マイページ会員に新規会員登録するとスポットをお気に入りに追加できます。マイページ詳細はこちら

 物見山とも呼ばれる種山ヶ原は、宮沢賢治がこよなく愛した高原です。賢治はここの風景や気象を題材に『銀河鉄道の夜』や『風の又三郎』、そして多くの詩や短歌を残しました。県南部と沿岸部を結ぶ国道397号の中継地点に位置する「道の駅・種山ヶ原ぽらん」はこの種山ヶ原の入り口付近に位置します。休憩施設「ぽらん」は星をイメージした造りで、町内産の木材を使い伝統の技を誇る気仙大工の手によって建てられました。豊かな自然が育てた特産物が各種揃っておりおみやげを見つけるのにも最適です。

基本情報

連絡先名 道の駅種山ヶ原ぽらん
所在地 岩手県気仙郡住田町世田米字子飼沢30-39
利用時間 売店9:00~18:00(11~3月17:00迄)
レストラン11:00~17:00(11~3月16:00迄)
定休日 無休(レストランは12/31~1/2)
電話番号 0197-38-2215
FAX番号 0197-38-2215
ホームページ あり(ホームページを見る

関連カテゴリ: 人 食&お土産 観光施設

  • 道の駅「種山ヶ原ぽらん」

アクセス&マップ

ルート1: 水沢江刺駅 → 【タクシー30分】 道の駅「種山ヶ原ぽらん」

ルート2: 水沢IC → 【車30分】 道の駅「種山ヶ原ぽらん」

QRコード対応の携帯電話で読み取ると、このページをモバイルで表示できます。

A4用紙1枚に印刷

このスポットの情報を持ち歩きに便利なA4用紙1枚に集約して印刷できます。

みんなのクチコミ★マイページ会員に新規会員登録するとスポットにクチコミを投稿することができます。マイページ新規会員登録はこちら


今までの特集

いわてユニバーサルデザイン〜バリアフリー対応施設等のご案内〜

春

夏

秋

冬

今までの特集

観光情報をさがす

カテゴリでさがす

エリアでさがす

キーワードでさがす